nuro光とwimaxの乗り換え手順を暴露

モバイル通信の高速化に伴い、wimaxと光固定回線をどちらを選ぶか、迷ってしまいますね。それぞれにメリット、デメリットがあります。

一方、既にどこかのプロバイダを利用されている方も多いと思います。新規契約を行う際には、解約時の手続きを理解しておく必要があります。

本記事では、オトクなプロバイダにオトクに乗り換える方法を説明します。

wimaxとnuro光の比較

wimaxとはモバイル環境でのインターネット接続サービスで、UQコミュニケーションズが通信インフラを運営しています。wimaxのサービスを提供しているプロバイダは多数あり、キャンペーン、月額料金などサービスの違いがあります。

wimaxエリア外に移動した場合でも、auのLTE回線を用いてインターネット接続ができます。これをハイスピードプラスエリアモードと呼びます。最新の端末(Speed Wi-Fi NEXT W06)では、wimaxとLTE回線を同時使用して、さらなる高速通信(下り最大1.2Gbps)が可能になっています。

一方、nuro光は光ケーブルを利用した固定回線で、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営しています。多くの固定回線では下り最大1Gbpsに対応していますが、nuro光は標準で2Gbpsに対応ています。

自宅だけでなく外でも使えるwimaxと、高速通信に対応したnuro光を詳しく比較してみましょう。

wimax nuro光
用途 自宅、外で利用 自宅で高速通信
通信速度 440Mbps 2Gbps
月額料金 1~2か月:2,726円
3~24か月:3,411円
25か月以降:4,011円
(BroadWiMAX ギガ放題プラン)
4,743円
(G2 Vコース)
スマホ料金割引 auスマホ料金が最大1,000円割引
(auスマートバリューmine)
ソフトバンクスマホ料金最大1,000円割引
(おうち割光セット)
提供エリア 全国

地方や山間部では
エリア外の地域あり

北海道
東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
愛知・岐阜・静岡・三重
大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫
福岡・佐賀
(2019年 12月現在)
開設工事 不要 必要
速度制限 あり なし

【用途】
wimaxは自宅だけでなく、外でも使えます。移動先で動画を楽しみたい、出張先でパソコンを利用したい場合はとても便利です。もしwimaxを選択する場合は、想定される移動範囲がサービス提供エリア内であることをしっかり確認しておきましょう。wimaxのエリア外でもLTE回線を利用してインターネットに接続することができますが、データ通信量7GBを超えると、翌月になるまで通信速度制限がかかります。wimaxエリア内に戻っても制限が継続します(後述)。よって、wimaxエリア外での利用は緊急時の機能と考えておきましょう。

【通信速度】
多くのwimax事業者では、複数のモバイル無線ルーターを提供しており、利用者は好みのルーターを選択できます。ルーターを選択する際は、迷わず最新機種を選択しましょう。最新機種になるほど、高速通信、アンテナ感度の向上が盛り込まれています。

例えばSpeed Wi-Fi NEXT WX06では、4本のアンテナを同時使用した通信(4×4MIMO)、複数の周波数帯の電波を束ねてデータ通信する技術(キャリアアグリゲーション)に対応して、下り最大440Mbpsを実現しています。また、クレードルを装着することにより、自宅などの屋内での受信感度がアップするため、通信安定化が期待できます。

また、Speed Wi-Fi NEXT W06でも「4×4MIMO」や「キャリアアグリゲーション」に対応しています。WimaxとLTE回線の同時使用により、1.2Gbpsを実現しています。Wi-Fi TXビームフォーミングにも対応しており、接続端末も対応していれば、W06は接続端末を狙って電波を送信します。この機能により、通信速度の向上と安定性が期待できます。

nuro光の光回線の終端装置(ONU)にWiFi無線ルーターが内蔵されています。無線ルーターの機能は1.3Gbpsに対応しています。もちろん有線LANによる利用も可能です。

【スマホ代割引】

wimaxに契約すると、auスマートバリューmineと呼ばれる割引制度を受ける事ができます。auスマホが対象で、契約プランにより、500~1,000円/月割引されます。auスマホユーザーには大きなメリットです。

一方、nuro光では、光電話(北海道・関東300円/月、東海・関西・九州500円/月)を申し込むむと、ソフトバンクのスマホ料金が、契約プランにより、500円/月か1,000円/月の割引を受けられます。なお、Y!mobileスマホは割引対象外ですので注意しましょう。

nuro光とは

ここで改めてnuro光を詳しく説明します。nuro光は戸建、マンションを対象にした個人向けサービスで、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営しています。法人向けサービス「NURO biz」も提供されています。

nuro光は最大速度2Gbps

最大の特徴は高速通信速度であり、標準で下り最大2GBに対応しています。ネット上では、実測値500~900Mbpsの口コミがあり、実際の使用上でも快適であるコメントが多いです。

高速通信実現の大きな理由が、ソニーネットワークコミュニケーションズ「So-net」のネットワーク基盤「nuroネットワーク」を利用していることです。フレッツ回線を利用する光コラボより混雑しにくく、通信速度の安定化も実現しています。

nuro光の料金体系

nuro光の月額料金は4,743円です。1Gbps対応の多くの光固定回線の月額料金とほとんど差がありません。

NURO 光 G2 V プラン
契約事務手数料 3,000円
基本工事費 40,000円⇒実質無料
月額基本料金 4,743円

基本工事費40,000円は30カ月の分割払い(1,333円/月)となります。分割払いの期間、1,333円の割引が適用され、実質無料となります。なお、30カ月以内で解約する場合、工事費の残金を支払う必要があります。

nuro光のオプション

インターネット接続の他、光でんわ、ひかりTVのオプションがあります。

光でんわの月額料金は北海道・関東500円、東海・関西・九州 300円で、一般固定電話への通話料金は7.99円/3分です。nuro光の利用者間の通話は無料で、ソフトバンクのBBフォンとの通話も無料です。その他、提携ケーブルテレビ事業者利用者との通話も無料です。
参考) https://www.softbank.jp/biz/nw/isp/cableline/cabletv/

ひかりTVには、4つのプランがあります。地デジ、BSだけなら1,000円/月、専門チャンネル(80ch以上)か、ビデオオンデマンド(約73,000本)を追加したプラン(1,500円/月)、専門チャンネルとビデオオンデマンドの両方を追加したプラン(2,500円/月)を選べます。

関東地区、関西地区では、「nuroでんき」と呼ばれる、家の電気をnuro光とセットにしたオプションがあります。電気代をnuro光とセットにすることにより、光回線料金が500円/月割引されます。

さらに、4800Mbps対応の最新無線ルーターとスマートキーがセットになったスマートセットと呼ばれるオプションがあります。スマートキーの機能により、ご自宅の鍵をオートロック、スマートフォンを利用したハンズフリー解錠が可能になります。なお、G2/G2Vプランの戸建て・マンションでのみ対象で、NURO 光10Gs/6Gsプラン、10Gプラン、NURO 光 forマンションは対象外です。

 nuro光の対応エリア

2019年12月時点の対応エリアは次の通りです。

北海道地区 北海道
関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城
東海 愛知、静岡、岐阜、三重
関西 大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良
九州 福岡、佐賀

既にNURO 光のサービスが開始されている都道府県の中でも随時提供エリアの拡大を続けています。

nuro光の詳細なエリア確認(戸建て/マンション、2Gbps/6Gbps/10Gbps)はこちらから確認できます。お住まいの郵便番号を入力することにより簡単に調べることができます。
https://www.nuro.jp/lp/area/

データを大量に扱うnuro光

nuro光の最大の特徴は高速通信と通信速度が安定していることです。そのため、オンラインゲームや高画質動画などデータを大量に扱うコンテンツを楽しみたい方にはnuro光がおすすめです。また、多くのデバイスを接続しても速度低下を感じることはないでしょう。

回線の安定感はwimax

wimaxの屋外基地局 20,000局を超え、全国政令指定都市の実人口カバー率は99% 以上を達成しています。ただし地方では対象エリアでない地域があります。wimaxのサービス提供エリアはこちらから確認できます。
https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

wimaxは工事不要な事がメリット

wimaxは無線ルーターが自宅に届いてからすぐに利用でき、開設工事が不要です。賃貸にお住まいで工事ができない場合にはとても助かります。開設工事が不要なので、工費費も発生せず、契約からインターネット利用までの期間が短いメリットがあります。

一方、nuro光を利用するためには開設工事が必要です。戸建ての場合は工事が2回必要です。1回目は宅内工事で、光コンセントの取り付けや宅内の光ケーブルの配線を行います。2回目は屋外工事で、電柱から光ケーブルを引き込む工事です。nuro光の場合、契約から開通まで1~2か月程度かかります。

速度制限があるのがwimax

wimaxには、「直近3日間合計のデータ通信量が10GBを超えた場合」と、「ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線によるデータ通信)が7GBを超えた場合」に速度制限が発生します。これらはギガ放題と呼ばれる容量無制限プランでも発生します。

「直近3日間合計のデータ通信量が10GBを超えた場合」の速度制限は、回線混雑時である18時頃~翌々日の2時頃まで概ね1Mbpsに制限されるという、比較的緩い制限です。また、10GBを超えた翌日のデータ通信量を少なくして、直近3日間の合計を10GB以下にすることにより、直ぐに解除されます。なお、1Mbpsの速度があれば、Youtubeの標準画質の動画が見れます。

一方、「ハイスピードプラスエリアモード(LTE回線によるデータ通信)が7GBを超えた場合」の速度制限は厳しいので注意が必要です。当月のデータ通信量が7GBを超えてしまうと128kbpsま制限され、翌月にならないと解除されません。また、wimaxエリアでも速度制限がかかります。128kbpsでは動画はほぼ視聴できません。webサイトの閲覧にも支障をきたします。メール、SNSのメッセージや無料通話機能くらいしか使えなくなります。

公式サイトだけでなく代理店での契約もできる

公式サイトからの契約の他、代理店での契約もできます。キャッシュバックの金額などの違いがあります。ただし、キャッシュバックが大きくても受け取りまでの期間が長い、オプション加入条件があるなどいくつかの注意点があります。

公式サイト https://www.nuro.jp/hikari/
【公式】NURO 光 4.5万円キャッシュバック| NURO 光
4.5万円のキャッシュバック実施中!オプション申し込みも必要なし!NURO 光でインターネットライフをより楽しく快適に
   ※45,000円キャッシュバック
価格.com 戸建:https://www.nuro.jp/hikari/kakaku/kodate.html
マンション:https://www.nuro.jp/hikari/kakaku/shugo.html
オープンプラット https://hikari-nuro.net/
フルマークス https://nuro-fm.com/
アウンカンパニー https://aun-nuro-hikari.com/
スローダイニング https://nuro-so.net/
ブリンクコミュニケーションズ https://nuro-bc.jp/

一般的な解約時の手続き

現在利用中のインタネット接続サービスを解約する際の大きな流れは次の通りです。
(1)回線契約とプロバイダ契約
回線とプロバイダをセットにした事業者なら解約は1回で済みます。回線とプロバイダをそれぞれ別に契約した場合は、両方の事業者に解約の申し入れを行う必要があります。
(2)これまで利用していた回線、プロバイダの契約内容を書面やwebサイトで確認
契約者名、契約者住所、契約者電話番号、契約番号(お役様番号など)を確認しておきましょう。
なお電話での解約する場合、本人確認のために契約者の誕生日を聞かれることが多いです。
(3)解約手続きの選択
解約手続きは、webサイト経由、電話、メール、書面での郵送などが一般的です。複数の解約方法がある場合は、手続き方法を決めます。
(4)解約の申し入れ
回線、プロバイダ事業者に解約を申し入れます。解約違約金や回線撤去費用などの解約費用、レンタル機器の返却等を確認しつつ、事業者の指示に従って手続きを進めます。

更新月と解約違約金とは

多くの事業者では2年契約、3年契約と呼ばれる契約期間が設定されたプランを提供しています。2年契約の場合、2年間利用した後、解約するか継続するか判断し、継続する場合はさらに2年間利用する」というものです。この判断を行う月を「更新月」と呼び、通常1ヶ月間の設定です。この更新月以外で解約すると解約違約金を支払う必要があります。

例として、Broad wimax(3年プラン)の例を示します。利用開始月を0カ月とします。

解約違約金
0~12カ月目で解約 19,000円
13~24カ月目で解約 14,000円
25~36カ月目で解約 9,500円
37カ月目で解約 更新月のため解約違約金なし
38~72ヶ月目で解約 9,500円
73カ月目で解約 更新月のため解約違約金なし

(以後繰り返し)

解約違約金は大きな出費となります。まずは更新月を正確に把握し、更新月で解約することを検討しましょう。更新月まで待てない場合は、契約違約金を支払うことことになります。

光固定回線の撤去には工事費用が発生

現在フレッツ光を利用していて、ドコモ光などの光コラボのサービスに乗り換える場合は、光固定回線の撤去工事は不要です。しかし、wimaxに乗り換える場合は光固定回線そのものが不要ですし、nuro光に乗り換える場合には、フレッツ光の固定回線とは別の固定回線を設置する必要があります。どちらの場合も、撤去工事が必要になります。その際は工事費用が必要になります。おおよそ1~2万円が必要で、解約違約金同様に大きな出費となります。

解約違約金への対応

2年契約、3年契約プランの場合、どうしても更新月以外で解約せざるを得ない場合も多いかと思います。その際は解約違約金を支払う必要があります。その際には、次に説明する違約金負担制度、キャッシュバックを活用して対応しましょう。

違約金負担制度の活用

例えば、Broad wimaxに乗り換える場合、現在利用中のインターネットサービスを解約する際に発生する違約金を最大19,000円負担するキャンペーンを実施しています。
参考)https://wimax-broad.jp/feature/norikae.php

キャッシュバックの活用

nuro光には違約金負担制度はありませんが、指定サイトからの申し込みで、45,000円のキャッシュバンクがもらえます。解約違約金より高額なキャッシュバックであり、利用しない手はありません。
参考)https://www.nuro.jp/hikari/pr/

wimaxに乗り換える場合、とくとくBBはキャッシュバック金額が大きいため見逃せません。最大34,800円のキャッシュバックであり、解約違約金より高額なキャッシュバックとなります。
参考)https://gmobb.jp/lp/gentei8/

まとめ

wimaxとnuro光とwimaxにはそれぞれメリット、デメリットがあります。まずはインターネットの使い方を決めて、メリットを最大限受けられる方を選択しましょう。

【nuro光をオススメ】
・オンラインゲームをストレスなく楽しみたい方
・高画質動画を視聴する方
・データ通信量が多く、速度制限を気にしたくない方
・ソフトバンクスマホを使っている方
・nuro光を提供しているエリアにお住いの方(必修)

【wimaxをオススメ】
・外出先での利用を予定している方
・契約後すぐに利用したい方
・auスマホを使っている方
・wimaxエリア内での移動で、エリア内での利用が想定される方(事実上必須)

また、現在のインターネット接続サービスの解約違約金の支払いに、新規契約時の違約金負担制度やキャッシュバックを上手に活用しましょう。更新月を気にせずに乗り換える事ができます。

コメント

【無料】wimaxの最新機種がもらえる
今月一番安い
wimaxランキングはこちら