WIMAXの契約と申し込み方法は店舗以外で行うのがベスト

WIMAXの契約と申し込み方法を比較 比較

毎月のスマホ代金が高くて、すぐに速度制限がかかって悩んでいる方は持ち歩けるポケットwifiがおすすめ。

WiMAXは軽くて持ち運びが便利なルーターを無料でもらうことができて、お得に始めることができます。

ただし、WiMAXは申し込む場所によってお得度が変わるので注意が必要です。

WiMAXは家電量販店やauショップ、WiMAX回線元のUQ WiMAX公式サイトなど様々あります。

結論から言えば、最もお得にWiMAXを使えるのはオンラインからプロバイダ経由で契約すること!

プロバイダ経由で契約すれば、年間約3万円安くなるのです。

今回は、これからWIMAXの契約する方に向けて最もお得な申込方法をご紹介します。

WIMAXの契約と申し込み方法を比較

WIMAXの契約と申し込み方法を比較

WiMAXは街中にある家電量販店やauショップ、Jコムなどのケーブルテレビなどの店頭からも申し込むことができます。

他には、比較サイトでおなじみの価格ドットコム、WIMAXの提供元であるUQ WiMAX公式サイトがあります。

しかし、どれもキャンペーンを行っていても実質の月額料金や初期費用は高く、料金は決してお得とは言えません。

冒頭でも述べたように最もオトクなのはオンラインからプロバイダ経由で申し込むをすることです!

▼WIMAXの契約と申し込み方法を比較

申し込み場所 メリット デメリット
家電量販店 端末は即日受取 キャンペーンは表面的でお得ではない
auショップ 端末は即日受取 割引がない、スタッフの知識不足もあり
ケーブルテレビのショップ(Jコム他)    端末は即日受取 割引がない、キャンペーンがあっても得ではない
UQ WiMAX公式サイト 端末は即日発送

回線元ならではのカスタマーサービス

月額料金も初期費用も定価
価格.com 比較しやすい 料金は高い
プロバイダ(販売代理店)の公式サイト キャンペーンが充実して一番安く利用できる! 端末は1週間くらいかかる

家電量販店やワイマックスの公式サイトでも大々的なキャンペーンを行っているので、気になる方も多いかと思います。

ワイマックスは基本的にどこから契約しても同じワイマックスなので、通信速度や端末の違いなどはありません。

しかし、ワイマックスはどこで契約するかによって実質の月額料金や総額は変わります。

これからワイマックスを契約するならば、店頭からの申し込みではなく、プロバイダ(販売代理店)経由が最もお得になります。

家電量販店やauショップなど店頭で申し込む方法

家電量販店やauショップなど店頭で申し込む方法

駅前や街中にある大手の家電量販店でもWiMAXを申し込みできます。

店頭での申込みは従業員が説明をしてくれるので、はじめてワイマックスを使う方や初心者には安心です。

色々と質問しながら契約することができるので安心感がメリットです。

そして、ルーターも店舗に在庫があれば、その日に受け取ることが出来て、帰宅後にその日から利用できるのが嬉しいポイント。

そこまではメリットばかりなのですが、肝心な料金は安いとは言えないのです。

家電量販店でも5万円引きキャンペーンなとを実施していますが、カラクリがあり、月額料金に上乗せされているケースが多いです。

一見お得に見えても、よく確認すると総額は定価だったり、料金は高くなっています。

その理由は店舗販売はテナント代や人件費がかかっており、オンラインのプロバイダのように安くはできない事情があるからです。

WIMAXを店頭で申し込みするメリットとデメリット

WIMAXを店頭で申し込みするメリットとデメリット

家電量販店だけでなく、ケーブルテレビのジェイコムなどからもワイマックスの営業をされて検討している方もいるかもしれません。

ケーブルテレビも家電量販店と同様にスタッフに説明を直接聞きながら契約できるのがメリットです。

ケーブルテレビとのセット割引を勧められるケースもよくあり、お得に見えるのです。

しかし、基本的にケーブルテレビからのワイマックスは定価の料金がデメリットです。

スタッフはケーブルテレビに詳しくてもワイマックスの回線トラブルや端末の故障、解約などの知識不足の可能性もあります。

口コミを見ても、ケーブルテレビからワイマックスを申し込むと、サポートが不十分で料金が高いという声が多く見られます。

UQ WiMAX公式サイトやプロバイダ(販売代理店)などオンラインで申し込む方法

UQ WiMAX公式サイトやプロバイダ(販売代理店)などオンラインで申し込む方法

ワイマックスの回線元はUQ WiMAXから提供されているので、大元から申込みを検討される方も多いでしょう。

テレビコマーシャルやメディアでもよく見かけるので気になる方も多いかと思います。

UQ WiMAXはサービス元なので困ったときの電話対応やメールの返答などのサービスは安心です。

はじめてワイマックスを利用する方も手厚いサポート体制があるので、問題が解決しやすく定評があります。

カスタマーサービスはスマホからもフリーダイヤルで午前9時から午後9時まで対応しているのも嬉しいポイント。

ただし、UQ WiMAXの唯一の弱点は、定価販売であるということです。

UQ WiMXの公式サイトは広告費に多くの費用が使われているためお得なキャンペーンがないのです。

キャッシュバックは1万円の商品券など控えめなのが残念と言えます。

WIMAXをオンラインで申し込みするメリットとデメリット

WIMAXをオンラインで申し込みするメリットとデメリット

WIMAXをオンラインで申し込みするには比較サイトで有名な価格ドットコムからも可能です。

価格ドットコムは知名度が高いサイトであるため、安心できるのはメリットです。

しかし、プロバイダと比べるとお得なプロバイダやキャンペーンが少なく、料金は決して安くありません。

そして、価格ドットコムで契約すると解約金が最大1万円高くなるケースもあるので注意が必要です。

ワイマックスをオンラインから申し込むならば価格ドットコムよりもお得なキャンペーンが充実しているプロバイダ(販売代理店)経由の申込みが必要です。

WIMAXの契約と申し込みは店舗以外で行うのがベスト!

WIMAXの契約と申し込みは店舗以外で行うのがベスト!

ワイマックスは店舗やオンラインから申込みできるので、どこでも同じと思っては損をしていしまいます。

オンライン上のプロバイダは店舗がなく、インターネット上だけで販売しています。

そのため、高額キャッシュバックや月額料金の割引、端末無料プレゼントなどお得な内容になっています。

家電量販店のキャンペーンは月額料金に上乗せされるので安くない

家電量販店のキャンペーンは月額料金に上乗せされるので安くない

家電量販店でも大々的なキャンペーンが行われていますが、実際にはお得感はあまりないのが現状です。

例えば、5万円割引きキャンペーンと打ち出していても割引分はWiMAX月額料金に上乗せされているケースが多いのです。

家電量販店はテナント代と人件費、広告代に多くの費用が使われているためキャンペーンはお得ではありません。

auショップは定価販売やオプション必須があり安くない

auショップは定価販売やオプション必須があり安くない

WiMAXサービスを提供しているUQ WiMAXはKDDI系列会社です。

そのため、auユーザーの方はauショップでワイマックスをおすすめされた方も多いと思います。

auショップはワイマックスのキャンペーンを行うことがありますが、オプション加入必須の条件や料金はお得ではありません。

基本的にauショップでのワイマックスの料金は定価なので、おすすめではありません。

提供元のUQ WiMAX公式サイトは定価なので安くない

提供元のUQ WiMAX公式サイトは定価なので安くない

ワイマックスの提供元であるUQ WiMAXの公式サイトから申し込む方法もあります。

テレビコマーシャルや宣伝で見かけたことがあり、気になる方も多いと思います。

しかし、先程も説明したようにUQ WiMAXの公式サイトから申し込むと定価料金となるので、料金は高くなります。

価格.comはキャンペーンがなく安くない

価格.comはお得なキャンペーンがなく料金は安くはありません。

口コミでも価格ドットコムからワイマックスを申し込むメリットはあまりないのでおすすめではないです。

プロバイダ(販売代理店)公式サイトからの申し込みが一番おすすめ!

プロバイダ(販売代理店)公式サイトからの申し込みが一番おすすめ!

最終的にワイマックスを最もお得に、安く申し込めるのはプロバイダ(販売代理店)の公式サイトです。

オンライン上には20社近くのプロバイダがあり、お得な条件のキャンペーンを随時行っています。

ワイマックスはどこから申し込んでも回線速度やサービスは変わらないため、安いプロバイダから申しむことが重要です。

キャッシュバックは最大4万円以上のキャンペーンもあり、年間の総額料金がかなり安くなります。

他にも月額料金が割引になったり、初期費用2万円近くが無料になったり、ルーター無料プレゼントも少なくありません。

以上の理由からワイマックスはプロバイダ(販売代理店)公式サイトからの申し込みが一番おすすめです!

コメント