WIMAX2+のエリア判定。電波が届かないところは圏外 

ワイマックスはどこでも使えると聞いて契約したのに、圏外で使えない!と悩んでいませんか?

WiMAX2+はWiMAXより進化しており、対応エリアも広いはずなのに、圏外になるとショックですよね。

今回は、WiMAX2+を契約する前に確認しておくべき対応エリア、圏外になった際の対処法をご紹介します。

すでにWiMAX2+に契約して圏外になってしまった方も今からでも対処できるのでみていきましょう。

WIMAX2+の対応エリアは?本当に全国どこでも使えるの?

ルーターを持ち運んでどこでも使えるWiMAX2+は、スマホやノートパソコンに繋げてインターネット高速通信ができる便利なサービスです。

自宅でも固定回線代わりにして、外出先でも使えば場所に関わらず、ネット環境が整うので便利ですよね。

WiMAXは、軽くて小さいポケットサイズのWi-Fiルーターなので、バッグに入れて持ち運びもできて、家でも外でも使えるのが嬉しいポイント。

カフェや出張先でもインターネットに繋がり、速度も快適に使えるのは本当に便利です。

WIMAX2+は固定回線よりも月額料金が安く、ルーターが到着したら工事不要ですぐに使えうことができます。

WIMAX2+のプロバイダはキャッシュバックや初期費用無料、端末代も無料などのお得なキャンペーンも充実しています。

WIMAX2+は全国対応だけど、地方では使えない場所もあり

WiMAXは、屋外基地局は2万局を到達しており、さらに全国政令都市によって、人口カバー率99%以上を達成しました。

出張や旅行、通勤時の移動でも気軽にネットが使えるようにサービスエリアを拡大中です。

WIMAX2+は、数値上では全国どこでも使えるポケットwifiと言われています。

しかし、実際は地方や山奥など一部のエリアや地下ではWiMAXの電波が届かずに利用しにくい場合があるので注意が必要です。

地方や山間部においては、サービスエリア内であっても圏外になる可能性は十分にあります。

政令都市は基地局がほぼついていますが、利用人口が少ないエリアではまだ通信網が整っていないのが現状です。

UQWiMAXの公式サイトには、サービスエリア内であっても、電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり、通信速度が低下する場合があると記載があります。

高層ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であっても、電波が悪くなることがあると伝えています。

下り220Mbpsで対応している地域では、室内に入ると圏外になることもあります。

そのため、WIMAX2+を契約する前に自分が良く利用する自宅やオフィス、カフェなどの対応エリア確認することが大切です。

WiMAX2+が使えるエリアは広がっていますが、まだ繋がりにくい場所もあるので確認しておくと安心です。

WIMAX2+は室内や地下は繋がりにくいことも良くある

UQWiMAXの公式サイトには屋内、車中、地下は通信できなかったり通信速度が低下する場合があると記載があります。

対応エリアであっても、室内や地下はつながりにくいことを知っておきましょう。

WiMAX2+が室内や地下は圏外で繋がらない場合はau 4G LTE回線のハイスピードプラスエリアに切り替えると通信しやすくなります。

ハイスピードプラスエリアとはauスマホが使っているau 4G LTE回線のこと。

ハイスピードプラスエリアモードの回線に切り替えるとWiMAXが圏外になっても繋がる可能性は高くなります。

るau 4G LTE回線は人が住んでいる地域の99%をカバーしているのでワイマックスよりもエリアが広いのです。

ただし、ハイスピードプラスエリアモード端末がW04、W03、W02対応になります。

やり方は、端末の通信モード設定で「ハイスピードプラスエリア」を選択するだけです。

ハイスピードプラスエリアモードの注意点としては月1,005円の月額料金が追加されます。

そして、au 4G LTEはギガ放題、通常プランのどちらも月に7GBまでと制限があるので頻繁に使うのはNGです。

WiMAX2+はエリア内でも室内は圏外になりやすいのは障害物に弱いから

WiMAX2+はなぜエリア内でも室内で圏外になりやすいこかというと、室内は壁の材質や厚みが障害物となってしまうからです。

ワイマックスは室内の壁の材質や厚みが障害物となり電波が弱くなることがあります。

そのため、障害物により電波が悪いと分かったらリフレクターを利用すれば、電波の強度を高めることが可能です。

リフレクターは100円ショップに売っているもので簡単に自分で手作りする事ができます。

まず、ステンレス製の小さいボール(プラスチック製のボールでも可)にアルミホイルを敷き詰めます。

そこにWiMAXを固定して、パラボナアンテナのように電波を受信する向きボールを傾けます。

この手作りのリフレクターで室内の電波が急速にアップしたという口コミが多いのです。

手作りのリフレクターは一度試して見る価値がありますよ。

室内には障害物が少ないのに圏外になってしまう場合はルーターの場所を変えれば改善される場合があります。

ワイマックスのルーターは窓際際に置いたり、部屋の中の電波を掴みやすい場所を探して色々試してみてください。

室内でルーターの置く使用場所を変えるだけでも電波の入りが改善される可能性もあります。

もしくは、端末側の不具合ではなく、地震などによる通信障害によりネットワーク側の都合でサービスを停止している可能性も考えられます。

メンテナンス情報はWiMAX 2+を提供しているUQコミュニケーションズ、以下の公式サイトから確認することが可能です。

▼WiMAX 2+のネットワーク側の障害を確認する
http://www.uqwimax.jp/information/maintenance/

WIMAX2+の利用エリアは今でも拡大中

WIMAX2+の利用エリアは今でも拡大しているので、地方や田舎に住んでいるから諦める必要はありません。

ワイマックスの利用エリアは日本全国に広がって拡大し続けています。

そして、インターネットの混雑を解消するためにWiMAX基地局も増設される予定です。

今後は、WiMAXの送信出力向上、WiMAX機器のアンテナ増幅機能により、圏外だったエリアが繋がりやすくなります、

地方では都心よりも高速ネット通信の設備が遅れていますが、徐々に改善されています。

WIMAX2+の利用エリアの最新情報は以下の公式ホームページから確認できます。

▼今後のサービスエリアの拡大予定を教えてほしい
https://faq.uqwimax.jp/faq/show/2112?site_domain=wimax

ワイマックスはどのプロバイダでも対応エリアは変わらない

WIMAX2+はどのプロバイダと契約しても回線元はUQコミュニケーションズが提供しているサービスです。

そのため、どのプロバイダと契約してもWiMAX2+の回線を利用するので、対応エリアや速度に変化はありません。

ワイマックスのプロバイダは全部で20社近くあると言われていますが、どのワイマックスを使ってもエリア判定は同じになります。

WIMAX2+のサービスエリアを確認する方法

これからワイマックスを利用したいけど、対応エリアなのか事前に確認したい方はいくつか方法があります。

都市部の場合はどの地域でもWiMAXを利用ができますが、利用者が少ない地域では対応エリア外になるところもあります。

万が一、自宅で圏外になってしまったらプロバイダによっては早めに申請すれば違約金なしで契約キャンセルが可能です。

しかし、多くのプロバイダ―は2年契約や3年契約すると違約金が発生するので注意が必要です。

UQコミュニケーションズの公式サイトから確認しよう

まずは、ワイマックスを契約する前にUQコミュニケーションズの公式サイトからエリアを確認しましょう。

WiMAXのサービスエリアは、UQコミュニケーションズのサービスエリア判定とピンポイントエリア判定から調べることができます。

インターネットを利用する予定の自宅や職場などが
WiMAXが利用できるエリアかどうか調べることができるので便利です。

WiMAXのサービスエリアは、GPSで現在位置を確認するやり方とフリーワード検索、住所一覧から表示する2つのやり方があります。

▼UQコミュニケーションズのエリアチェック

・GPSで現在位置を確認する
・フリーワード検索、住所一覧から表示https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

WiMAXのサービスエリアと今後の拡大エリアはサービスエリアマップに記載されます。

やり方は、サービスエリア判定のWiMAX2+をクリックしてから都道府県を選択します。

すると、地域の地図が出てくるので以下のように判定されます。

▼WiMAXのサービスエリア

・ピンクのエリア
下り最大速度440Mbps対応エリア

・紫色
WiMAX2+のサービスエリア

・肌色
拡大予定のサービスエリア

・色が塗られていない部分
非対応エリア

住所を入力すると地域のところに色付きのマークが付くので、WiMAXが利用可能かどうかを判定できます。

ワイマックスに契約する前に無料で端末をレンタルして15日間エリア判定できる

対応エリアでも圏外になってしまうならば、実際に使ってみないとわかりませんよね。

そんな方のために、UQモバイルではWiMAXを15日間、無料でお試しできる便利なサービス「トライワイマックス」があります。

▼無料で借りられる端末

・Speed Wi-Fi NEXT WX4、WX3
・Speed Wi-Fi NEXT wo3、wo4

どちらも下り最大速度440Mbpsの人気ルーターを15日間無料でレンタルできるのが嬉しいですね。

古い端末は下り最大220Mbpsと若干遅めなので最新端末をレンタルして試したほうが良いですね。

ただし、貸し出しは一人1台までとなっているので複数のレンタルはできません。

▼Try WiMAXの申し込みはこちら
https://www.uqwimax.jp/service/trywimax/

WIMAX2+のサービスエリアはピンポイントエリア判定、〇、△、×の意味

UQモバイルではWIMAX2+のサービスエリアはピンポイントエリア判定して確かめることもできます。

インターネットを使う予定の自宅やオフィス、カフェなどの住所を入力すると「○」「△」「×」で電波状況の目安が表示されます。

・GPSで現在位置をピンポイント判定
・フリーワード検索、住所一覧からピンポイント判定

▼ピンポイントエリア判定
https://www.uqwimax.jp/service/area/

やり方は、ピンポイントエリア判定の所をクリックして住所を入力するだけです。

もしくは、住所リストから地域を探すことも可能です。

入力した住所の地域がWiMAX対応エリアかどうかは、「○」「△」「×」で判定されます。

▼電波状況「○」「△」「×」の意味

エリア判定「〇」の場合…基本的に問題なく使用できます。判定が〇であっても通信できない場所もあります。

本当に使えるかどうかは、先程説明したUQ WiMAXのWiMAXの無料レンタルサービス「Try WiMAX」で試すと良いです。

エリ判定「△」の場合…通信の保証がされていないエリア。通信ができるかできないか微妙な位置にあります。

エリア判定が「✕」の場合…残念ながらWiMAXの対応エリア外です。au 4G LTEには繋がる可能性があります。

これはあくまでも目安となるので、「〇」の場合でも100%電波が入るという保証はありません。

トライワイマックスもエリア判定できる

一番安心できるエリア判定方法は、先程説明した「TRY WiMAX」(トライワイマックス)を活用することです。

UQ WiMAX公式ページでピンポイントエリア判定を行って◯または△であっても100%繋がる保証はありません。

ワイマックスの最新端末を、15日間無料でお試しすることができるので便利ですね。

気をつけたいのは、端末が発送されてから返却するまでに14日間かかるため、実際に使えるのは12日間程度となります。

▼Try WiMAXの申し込みはこちら
https://www.uqwimax.jp/service/trywimax/

レンタルには登録料、通信料、機器レンタル料、配送費用など含まれており、完全無料のサービスです。

ただし、レンタルするにはクレジットカードの登録が必要となります。(万が一の機器紛失、破損時の請求先、機器未返却時の請求先の情報のための本人確認)

WIMAX2+の電波が届かない圏外はインターネットに接続できない?

エリア判定やトライワイマックスで試しても圏外になってしまう場合は、もう諦めるしかないのでしょうか?

すでにワイマックスを契約した方は困ってしまいますよね。

ここからは、契約後にWiMAX+2はエリア外の圏外になったと分かった時の対処法をご紹介します。

WiMAX+2はエリア外の圏外になった場合の対処法

まずは、UQコミュニケーションズの公式サイトの「サービスエリアマップ」からWiMAXのエリア範囲かどうかを確認します。

WiMAXのエリア外だと分かったら、UQ WiMAXに電波状況について改善の要望を出すと良いです。

今後のエリア拡大のためにお客様の意見は毎月のデータ集計されています。

▼エリア改善要望受付フォーム
https://www.uqwimax.jp/area/customer_voice/

エリア対応が広いLTE回線を使う

WiMAX2+の回線が繋がらなくてもLTEオプション「ハイスピードプラスエリアモード」の回線に切り替えれば繋がるの可能性があります。

ハイスピードプラスエリアモードはauの4G LTEのため人口カバー率99%と広いのがポイント。

LTEはプラチナバンドの電波なので回り込みがよく、地下や屋外でも入りやすいのが特徴です。

WiMAX回線とLTE回線のエリア範囲は別なのでLTEオプションに切り替えると繋がるのケースは多いです。

ハイスピードプラスエリアモードはauの4G LTEを利用する回線のため、対応エリアが広く地方や建物が密集している場所でも入りやすいのです。

ハイスピードエリアモードには最新機種のみ対応となるので注意しましょう。

最新端末wo5は、下り最大速度708Mbpsの高速通信ができます。

ワイマックス2年契約の場合は、月に1004円のオプション料金がかかりますが、3年契約の場合は無料となります。

そして、LTEオプションは1ヶ月間に7GBまでしか利用できないので、7GBを超過すると通信制限がかかるため注意が必要です。

WiMAXは通信制限がかかると通信速度が遅くなりますので使いすぎるのはおすすめしません。

エリアが圏外であれば要望を出すのはあり

WiMAX2+のエリアが圏外であれば電波状況について要望を出すと改善されることがあります。

ワイマックスはお客様の声を今後のエリア展開、品質改善に活用しており、当部署にて毎月のデータ集計を行っています。

▼エリア改善要望受付フォーム
https://www.uqwimax.jp/area/customer_voice/

LTE回線を使っても無理だったらワイマックスよりも固定回線を選ぼう

LTE回線を使ってもエリア外の場合は、固定回線に切り替える選択肢も検討すると良いです。

固定回線(光回線)は電話回線を利用してルーターを固定して通信を行うインターネットサービスです。

NTTの電話回線を利用するので、電波がワイマックスよりも安定していて、データ通信し放題なのが嬉しいポイント。

地方や山奥に住んでいる方や自宅や地下は電波が繋がりにくい方は光回線をおすすめします。

光回線はワイマックスのギガ放題のように大容量のインターネットも利用できます。

LTEもエリア外になってしまうエリアにお住まいの方は固定回線の方が良いと言えます。

ただし、光回線の場合は、ケーブルを引き込んで、ONUという装置を設置してもらう開通工事が必要になるためすぐに使うことはできません。

大抵の場合は、申し込んでから開通工事が完了するまでは数週間〜1ヶ月程度はかかります。

工事費用は光回線により変わりますが、1万円〜3万円が相場となり、初期費用は高めです。

光回線はお得な工事費無料キャンペーンを行うことがあるので随時チェックしましょう。

光回線は、NTTが敷設したケーブルを通して通信を行うため、天気や他の電波などに影響されることもありません。

WiMAXのルーターは、基地局から発せられた電波を受信します。

そのため、雨や雷と行った悪天候により電波が干渉されて、速度が低下することもあるのがデメリット。

それだけでなく、ワイマックスは基地局との距離、建物の障害物により速度が変わってしまうのです。

WiMAXは周波数帯の高い電波は直進性が強く、障害物の影響を受けやすくなります。

光回線なワイマックスよりも速度が安定しやすいのがメリットです。

WiMAX2+が室内で圏外になってしまった時の対処法は?

できれば、WiMAXを契約する前に、UQコミュニケーションズのエリアサイトで、自分のエリアがサービス対応しているか確認すると良いです。

ワイマックスは室内では繋がりにくいデメリットがあるので、トライワイマックスを利用して、ルーターを実際に使うのも効果的です。

ここからは、ワイマックスをすでに契約したあとに自宅で圏外になってしまう場合の対処法をみていきましょう。

端末は窓際近くにおいて数十メートル以内の距離を保つこと

自宅の中でも電波が受信しやすい場所と障害になってしまう場所もあります。

モバイルルーターの置く場所が悪い場合は、エリア範囲内だとしても、電波が弱くなったり圏外になることがあります。

ワイマックスの電波は直進型で障害物を回り込むことが苦手なので、周りに電化製品や厚い建物などが障害となって電波が弱まりやすいのです。

マンションは鉄筋コンクリートの建物が多く、電波が遮蔽されやすい構造になっています。

自宅の中でもワイマックスの電波が悪いと感じたらルーターを置く場所を変えると改善されることがあります。

端末はなるべく窓際近くにおくと障害物の影響を受けず、数十メートル以内の距離を保つと良いです。

WiMAX2+の電波は端末からの距離は数十メートル以内が理想敵とされているので、離れすぎないのもポイントです。

WiMAXは各都道府県に数十の基地局があるので、基地局から電波を発信されています。

ルーターは最寄りの基地局から届く電波を受信するので窓際が一番電波が入りやすいというわけです。

基地局の電波状況は常に調整されているので、基地局で不具合が起きても短時間で直ります。

ワイマックスを広範囲で使いたい場合は、クレードルまたはホームルータータイプのルーターが便利です。

クレードルは、Wウイングアンテナと呼ばれる拡張アンテナを搭載していています。

クレードルを使うと、全方位で電波をキャッチできるようになり、室内で広範囲に使えるため便利です。

無線LANの親機を使って電波を強くする

自宅に無線LAN親機を使うと電波を中継できるようになります。

自宅の部屋によって電波の繋がりやすさにばらつきがある場合は無線LAN親機を使うと良いでしょう。

無線LAN親機を利用することで、室内でも電波が受信しやすくなり、壁やドアなどの障害物の影響を受けなくなります。

コメント

【無料】wimaxの最新機種がもらえる
今月一番安い
wimaxランキングはこちら