無制限のwimax2+制限無で使用可能なプラン。3GBの制限なしのもの 

無制限のwimax2+プランは?プロバイダ別にチェック キャンペーン

これからWiMAX2+を申し込みたいけど、ギガ放題は本当に無制限なのか心配ではありませんか?

動画を見すぎて追加料金がかかり、結局月額料金が高くなってしまうのは怖いですよね。

そこで今回は、これからWiMAX2+を無制限でガンガン使いたい方のために「使い放題」の本当の意味について解説していきます。

無制限のwimax2+プランは?プロバイダ別にチェック

無制限のwimax2+プランは?プロバイダ別にチェック

▼WiMAX2+ギガ放題のプロバイダ別月額料金

プロバイダ名 月額利用料(~24ヶ月目)
GMOとくとくBB 4,263円
(2か月間は3,609円)
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円
(2か月間は3,695円)
Broad WiMAX(ブロード ワイマックス) 3,411円
(2か月間は2,726円)
UQ WiMAX 4,380円
(3か月間は3,696円)
3WiMAX(KDDI) 3,615円
(3か月間は2,980円)

WiMAX2+ギガ放題は多くのプロバイダから提供されていますが、キャンペーン内容がそれぞれ異なるので、お得なタイミングで申し込むのがコツです。

実質最安値は高額キャッシュバックがある「GMOとくとくBB」のキャンペーンです。

しかし、キャッシュバックをもらえるのは申込みをしてから1年後に口座振込の手続きが必要になります。

すぐにもらうことはできないのでもらい忘れてしまう人が多いのも事実なのです。

そこで、高額キャッシュバックはなくても月額料金を安くしてくれるキャンペーンを行っているブロードワイマックス(Broad WiMAX)がおすすめ。

ブロードワイマックスのキャンペーンでは、通常は初期費用の事務手数料21,857円がかかりますが、3,000円までに安くなっています。

これからお得な条件でWiMAX2+のギガ放題を申し込みたい方はブロードワイマックスを要チェック!

wimax2+の無制限プランと通常プランの料金の差は?

wimax2+の無制限プランと通常プランの料金の差は?

▼wimax2+の無制限プランと通常プランの料金

プラン ギガ放題プラン
月額料金(税抜) 4,380円
最高速度 下り最大速度758Mbps
ハイスピードモード

(WiMAX2+回線)

制限無し・使い放題
※ただし3日で10GBの通信制限あり
ハイスピードプラスエリアモード(auの4G/LTE回線) 月間7GB
※超過時は速度制限
最高速度 下り最大速度758Mbps

wimax2+の無制限プランと通常プランでは月額料金の差額はギガ放題の方が680円高くなります。

ご覧のとおりデータ量制限を見るとギガ放題のほうがインターネットや動画を多く利用することができます。

インターネットのヘビーユーザーやYou Tubeをよく見る方は迷わずギガ放題を選びましょう。

ただし、wimax2+の無制限プランの注意点はギガ放題でも短期間で使い過ぎると速度制限対象になることです。

ギガ放題と言っても同じ速度で使い放題というわけではないので気をつける必要があります。

WiMAX2+のギガ放題と通常プランはどのプロバイダと契約しても内容は変わりません。

プロバイダは全部で20社近くありますが、どのプロバイダのギガ放題を契約しても通信速度や速度制限のルールは変わらないのです。

プロバイダを選ぶ際はキャンペーン内容と月額料金をよく比較しましょう。

▼無制限プランと他のプランでの差がある

WiMAXプロバイダ 基本月額料金比較 3年間の平均月額料金
ブロードワイマックス  3,411円 3,362円
UQ WiMAX 4,380円 4,150円
BIGLOBE(ビッグローブ) 4,380円 3,592円
カシモWiMAX 3,380円 3,585円
JP WiMAX 3,500円 3,339円
3WiMAX 3,615円 3,830円
GMOとくとくBB 4,263円 3,143円
So-net 3,380円 3,465円

WiMAXを無制限で使う3つの条件はコレ

WiMAXを無制限で使う3つの条件はコレ

これからWiMAX2+を速度制限(通信制限)なしで使いたい方とプロバイダ探しを入る方も多いのでは?

しかし、結論から言えば速度制限なしでWiMAXを使い続けられるプロバイダは存在しません。

各社どのプロバイダも「無制限!」と大々的に宣伝されていますが、プロバイダを選んでも速度制限(通信制限)はあります。

そして、ワイマックスに限らず一般個人向けのモバイル通信サービスのポケットwifiを選んだとしても速度制限はあります。

▼他の携帯プランとの比較

無制限プラン 速度制限条件
UQ WiMAX あり 3日で10GB

(1Mbps)

docomo なし なし
au なし 3日で10GB

(128kbps)

SoftBank なし 3日で3GB

(128kbps)

Y!mobile(Yahoo!WiFi) あり 3日で10GB

(1Mbps)

携帯電話会社のポケットwifiは無制限に近い大容量プランがほとんどないのが現状です。

無制限と宣伝されていますが、容量を超えると速度128kbpsまで遅くなり、普通にインターネットが使えないほどです。

ワイマックスのギガ放題ならば、速度制限が1Mbpsまで落ちてもYoutubeの動画を標準画質で見ることができます。

つまり、ポケットwifiを使うならば携帯電話会社のポケットwifiよりもワイマックスのギガ放題を選んだほうがストレスなく快適に使うことができます。

①3日間で10G以上利用しないこと

①3日間で10G以上利用しないこと

ワイマックスのギガ放題でも3日間で10G以上利用した場合は下り最大速度1Mbpsまで落ちます。

しかし、先程も説明したとおり下り最大速度1Mbpsまで落ちたとしても動画を普通に見ることができます。

そこまで気にするほどではありませんが、ギガ放題プランで速度制限をキープするには3日で10GBを超えないようにしましょう。

ワイマックスの混雑する時間帯は18時~深夜になるのでこの時間は利用を避けることも大切です。

②ギガ放題プランを選ぶ

②ギガ放題プランを選ぶ

月額料金だけを見るとギガ放題よりも通常プランが安いので、あまりインターネットを使わない方は通常プランを選びがちです。

しかし、月間で利用できるデータ通信量を比較するとギガ放題のほうが安くて安心して使えるのです。

通常プランを選んで動画を見ていたらすぐに遅くなって使い物にならなかったと感じる方は多いです。

あまりインターネットは使わないからと思ってもデータ容量は7GBまでの制限は意外と簡単に超えてしまうのです。

データ容量は7GBまでと100GB以上もの差がありますので、断然ギガ放題を選びましょう。

③LTEオプション利用は月に7Gまでにする

③LTEオプション利用は月に7Gまでにする

ハイスピードプラスエリアモードのau 4G LTE通信が利用できるLTEオプションはWiMAX2+の電波が届かない場所でも使えるので便利です。

地方エリアで電波が悪いときなどにハイスピードプラスエリアモードを使うと良いです。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBのデータ通信量を消費した場合は、通信速度が当月末まで最大128Kbpsに制限されます。

通信速度最大128KbpsとはYouTubeの動画は見られなくなり、画像の多いサイトも見られなくなるのでストレスになります。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限が適用されると、ハイスピードモードのWiMAX2+通信も制限の対象となるので注意が必要です。

WiMAX2+の無制限プランも速度制限(通信制限)があるの?

WiMAX2+の無制限プランも速度制限(通信制限)があるの?

WiMAX2+の無制限プランでも直近3日間で10GBのデータ通信量を超えた場合には、速度制限がかかります。

3日間で10GBを使うとすると、ラインのメッセージならば約6万通のやり取り、インターネットの閲覧は約10万ページ、音楽ダウンロードは約2,500曲のダウンロードが可能です。

ここまでの容量を3日間で使うことはほとんどないかと思うので、WiMAX2+の無制限プランも速度制限(通信制限)はあまり気にするほどではありません。

①料金プランによる速度制限

①料金プランによる速度制限

WiMAXの料金プランにはギガ放題プランと通常プランがあります。

通常プランはライトプランと呼ばれることもあり月間7GBがボーダーラインとなります。

通常プランは7GBを超えた瞬間に速度制限(通信制限)が適用されるのでライトユーザー向きです。

たまにラインでメッセージをやり取りしたり、時々ニュースをチェックする程度しか使わない方です。

ギガ放題プランにくらべて約700円は安いので、ライトユーザーは通常プランを選びがちですが、少しでも動画を見たり、ネットサーフィンをする方はギガ放題がおすすめです。

通常プランは1時間のネット配信動画で1カ月のほとんどのデータ通信量を使い切ってしまいます。

ワイマックスを無制限で使うならば迷わずギガ放題を選びましょう。

②LTEオプション利用による速度制限

②LTEオプション利用による速度制限

LTEオプションとはワイマックスの電波が届かない場所でもauの電波を利用できるオプションです。

地方エリアや山奥でも通信ができるようになり便利なのですが注意点もあります。

LTEオプションは、ギガ放題プランを選んでいても無制限というわけではなく月間7GBを超えると速度制限(通信制限)がかかります。

7Gを超えると128kbpsに速度制限がかかるので使いすぎるのはNGです。

ギガ放題プランであってもLTE回線を利用して7GBを超えてしまえば、翌月まで128Kbpsに落ちてしまいます。

③ギガ放題は3日で10GBの速度制限。無制限というのは嘘なのか

③ギガ放題は3日で10GBの速度制限。無制限というのは嘘なのか

ギガ放題は「インターネット使い放題!」「無制限!」と大々的に宣伝されました。

そのため、大元のUQコミュニケーションズには「嘘だ!」クレームが殺到ました。

2015年2月14日にUQコミュニケーションズは消費者にお詫びをしたのです。

新しい広告には「3日間で10GB以上使用すると速度制限がかかりますよ」と明記されるようになりました

実際は、WiMAX2+のギガ放題を選べば、月間7GBまでなどの制限はなく、実質無制限で利用することが可能となります。

ギガ放題プランで3日で10GBを超えた場合でも翌日の混雑する数時間(18時~深夜2時まで)だけ遅くなります。

速度制限(通信制限)が適用されても速度1Mbpsなので動画も普通に見ることができます。

レンタルのものだと無制限プランがない?

レンタルのものだと無制限プランがない?

国内ワイマックスのレンタルの場合も同様に速度制限なしの完全に無制限のプランはありません。

ポケットWiFiの無制限プランは約4000円程ですが、国内WiFiをレンタルした場合は約4,500円程度です。

レンタルWiFiは事務手数料3000円程がかかららずに違約金が発生しないメリットもあります。

そのためレンタルは旅行などで数週間から数ヶ月間だけの短期間だけ使いたい方向けと言えますね。

これから長くインターネットを無制限で使いたい方はレンタルよりもプロバイダから2年または3年契約するほうがお得です。

どのプロバイダのギガ放題を選んでも内容や速度に違いはありません。

各プロバイダはお得なキャンペーンを打ち出しているので、キャッシュバックや月額割引などを比較して、自分に合う方を選びましょう。

WiMAX2+の無制限プランはこんな人におすすめ!

WiMAX2+の無制限プランはこんな人におすすめ!

WiMAX2+の無制限プランはインターネットのヘビーユーザーの方、少しでも動画を見る方、SNSやゲームをたくさんする方におすすめです。

通常プランと無制限プランは700円程度しか差はありませんが、容量はかなり大きな差があります。

無制限で使いたい方は迷わずギガ放題(無制限プラン)を選びましょう。

映画やyoutube,スマホゲームやアプリなどを使用する人は無制限のプランがぴったり

映画やyoutube,スマホゲームやアプリなどを使用する人は無制限のプランがぴったり

特に動画サイトや映画を見る方、youtubeやスマホゲーム、SNS、アプリなどをよく利用する方は、無制限のプランがぴったりです。

無制限プランの場合は、万が一、速度制限がかかっても動画は普通に見ることができてストレスなく使い続けることができます。

uqwimax無制限プランにはぴったり

uqwimax無制限プランにはぴったり

uqwimaxの無制限プランはネットのヘビーユーザーの方でも安心して利用することができます。

▼uqwimaxデータ無制限プラン

uqwimaxデータ無制限プラン
月額基本料 1,980円
月間データ容量 無制限
通信最大速度 500kbps

▼通信速度の制限について

前日までの直近3日間の通信量が6GBを超えたら通信速度の制限がかかります。速度1Mbpsなので動画も普通に見ることができます。

コメント